Olympus E-420+ZUIKO DIGITAL 14-42mmF3.5-5.6


オリンパスのカメラは、機種全般が小型で軽いが
とくにE-420は小型の一眼レフである。
レンズの写りに関しても、ズイコーレンズは昔のOM-1の時代から良い写りであったが、
デジタルフォーサーズ専用に設計されたレンズ群は、安価なレンズまでもがイイ描写である。
ISO感度3200とか6400を常用する被写体は、別の機種にまかせて、
E-450かE-520(手ぶれ批正付きボディ)でシステムを組むのも、スナップではイイと思う。

E-10の頃から気づいていたが、オリンパスの描写は、目でみた印象に近い写りである。
明るいところと暗いところのバランスを、ほどよく記録してくれる。
飛車顔深度の深さが特徴である。花の記録などにはベスト機種だ。
そして、長焦点レンズを多用するヒトに、フォーサーズはイイ。
プリントもA3なら十分以上にキレイである。



701

702

フォサーズは被写界深度の深さが特徴である。
記録には適した長所だと思う。

703

704


705

706

707

708

709

710

710a


ページINDEXへ


TopPage
Next72Page

inserted by FC2 system