Olympus OM-D EM-5

OLYMPUS OM-D _EM-5
50mm ISO;200 ss;1/320 f10
------------------

キットレンズの12-50mmである
安いレンズだがココまで写れば十分である。

レンズは、9-18mm。14-50mm
45mm。40-150mm。12mm。
トリアエズ5本そろえてみた。
75-300mmはキレコミに少しばかり不安があり今回は購入をみおくっている。
軽くて小型の点がトニカク持ち出しやすいところである。
お散歩スナップには最適なカメラだろう。
色描写は、どうしてもX-pro1と比べてしまいがちなのだが、、、
マァ悪くはない描写である。
十分通用する色描写だろうと思う。
大きなイチガンレフを持ち出したくない環境では活用範囲が広いカメラである。
シロトビを少々気にしながら露出を設定した方が白い被写体では良い場合が有るようにも感じている。
色描写は少しばかり派手目のように感じなくもない。
少なくともD700のようなナチュラルな描写ではないように思う。
これから撮りすすんでゆくウチに、新たな発見はまだまだあると思っている。

いまのところピクチャーコントロールは「4,フラット」の設定が私にはベストに感じられる。

X-pro1との差異としては、OM-DのAEは誰にも違和感なき感じで撮影出来るだろうと思う。
OM-Dは誰にでも違和感なく扱える優れたカメラだと思う。
風景や、集合写真、モノ撮り、ではキレコミと色描写でX-pro1だが、あるていどの良いカットを記録しようとするとき、OM−Dの,「撮影をするという操作」の、し易さが生きてくる。要要するにX100もそうだが、失敗のカットが少ないのである。

発展型のモデルチェンジした新機種の[OM-D_EM-1]は、X100等とは異なる路線。
ミラーのあるイチガンレフを、越えようとするミラーレス一眼のカテゴリーだろう。
EM−1はフォーサーズレンズの活用救済もかねた機種である。

ページINDEXへ

TopPage




inserted by FC2 system