気ままにスナップ すなっぷ写真 スナップ スナップショット 猫 ねこ カメラ デジカメ 風景 トライアル 花 D2H S3pro ニコンレンズ S5pro  X100 df
FUJI FinePix F10 F30 F710 F810 Nikon S10 coolPix990 P5000 D3 D300 OLYMPUS E-420 すなっぷ写真 SD15 SIGMA SD15 シグマ SD16  FinePix  X-pro1  OM-D EM-5

x100s


No2017/07/07


西ドイツ製「コレレ」
テッサー75mmF2,8
1936年製

13才の時に、撮影設定を教え込まれ思いで深い機材である。
6x6Filme__1カット撮るたびに巻き上げる。
露出計もなし、距離計もナシ、目視で距離を推し量るか巻き尺で距離を測る。
シャッターは1カット撮り終えるごとにセットする。
シボリもレンズ周りのシボリ環であわせる。
純粋なるMF機である。
当然ながら、別途に入射露出計を使う。

露出補正ダイヤルなどは勿論無い。

今のカメラは、自動露出が使える。AEがある。
被写体を見れば、プラスマイナスの補正値など、ファインダーを覗く前にセットするべきなのだが、
ときおり、ファインダーを覗きながらの、
SS設定のダイヤルや補正値ダイヤルが回しにくい、、、などと言う不満を散見するが、
ファインダーを覗いたときは、シャッターを押すだけ、という学習を経ていないと、
すべて手動で設定を決めるカメラは、使えないだろう。

------------------------------------------------------------------------------------------

スナップで使用してきたカメラの印象メモです。

Fujifilm S3pro

Fujifilm X100

Fujifilm S5pro

Fujifilm X-pro1

Nikon D300

OLYMPUS OM-D_E-M5

Nikon D700

Fujifilm X100s

SIGMA SD15

Fujifilm X-T1

Nikon D610

Nikon Df
,,,


写真を撮り始めたのはもう70年近い昔のことです。
日本画の基礎描写に花や鳥等を描きつつ描写資料として参考写真を撮りはじめたのが写真との接点でありました。.................
 
 私にとっての撮影は、写真作品を創ることではなく、ビジュアル資料収集、取材、ロケハン、及び自分の「時」の記録でありました。それゆえカメラとレンズに求める性能も記録ツールとしての性能を最優先といたしました。写真というものに考現学的価値を見出しておりましたので、フレームに入っているモノ全てにピントが合っていたいと感じたカットも多くあります。

フォトイラストレーターではなくフォトジャーナリストの位置づけで写真を撮ってきております。
 
デジタルカメラにとってはPCが現像所の役割ではありますが、自分にとって「画像の後処理は、撮影現場で適切な設定で撮れなかったための「修復」と感じております。後処理など無ければ無いに越したことはないと思っております。
 基本的には偏光フィルター(PL)も色目が違って写るので、使いません。ゴミのリダクション装置もエアブラシだけで障害とはなっておりませんので必需品でもありません。ノイズなども、「まあ、無ければ無いほうが良いかなあ〜」、程度の思いですから、カメラの優劣にノイズは基準に入りません。IS;6400も普通に使います。ノイズが出るような環境で撮ったという記録も自分にとっては必要なばあいもあります。しかしどうしても二次利用のためにノイズを出したくなかったら、現像ソフトでチョット処理すれば済むことですし、出にくいレンズとボディの組み合わせを選択すれば良いと考えます。

また特定のメーカーのファンでもありません。使える道具は目的に合わせて何でも使います。
 レンズの歪曲収差、周辺光量の低下なども私にとっては別にド-デモ良いことであります。「いつ、どこで、たれが、なにを、していたのか、なんのために、」が記録されたか大切だと感じております。
感じた印象をメモ出来る事が自分のビジュアル記録であります。

写真作品を創作されて居られる方々とは、写真に対しての思いや価値観は、まったく異なるモノがあります。
 まあ、こういうメモリアルの残し方もあるということで、被写体のカテゴリーにこだわらずにスナップカットをアップロードしてゆこうと思います。コメントはほぼ写真毎に書いておりますが、あくまでも私見であります、読み流していただきたい。フォトイラストレーターではなく、フォトジャーナリストの写真と思ってください。なお、画像はD2HはRAW&JPG撮り、SD15はRaw、他はJPG、色調処理はしていません、撮ったままのWBと色のままです。
撮りっぱなしで何処まで印象を正直に記録できるか、も楽しみのヒトツです。(マア、プロのオペレーターさんでもないかぎり、後修正はイジレバイジルホド画調は悪くなりますね。)
なを、大伸ばしはプロのオペレーターさんとプリンターに任せます。



ページINDEXへ

X-T1


リンクページへ

 

テスト画像のページへ

D700 画像

D300 画像

OLYNPUS E420

SIGMA SD15

FinePix X100

X-pro1

OM-D_E-M5


当HPはリンクフリーです。このアイコンをコピーしてお使いください


すなっぷ 、fujifilm X100 D2H オリンパスE420 No;2017/07/07 189ページをアップ   d700 D300 S5pro SIGMA SD15 シグマ, OM-D , E-M5
SIGMA SD15 S3pro  X-pro1 nikon ニコンスナップ XFレンズ x100s Df
ホームページに掲載されております画像の転載及び二次利用を禁止致します。
Copyright (c) 2003-2013_ by GasGas PRO. All rights reserved

道志村キャンプ場 道志キャンプ 水之元    X100 X-T1 Nikon Df

現在の閲覧者数: !


inserted by FC2 system